2017年08月13日

走り続ける方法。

走りたい。
自転車で延々と。
テントも持たず、疲れたところで横になって、起きたら、また延々と走って。
ただ、ただ、走りたい。

奥さんの言うことにも一理あるのかもしれないなと思う。
深層心理として、僕は一人で走り続けたいんだろうなって。

奥さんのことを心から愛している。
死ぬまで愛し続けられると思う。

ーーー

ひどくモヤモヤした。
でも、底まで付いた。
山小屋の友人に感謝する。

もう一度きちんと小説を書いてみようと思う。
趣味で書くんじゃなく、血を持って書いてみようと。

結局のところ、走り続けるかどうかって当人次第なのだ。

ーーー

走るという営みはすごく簡単で、すごく難しい。
レースで勝つための走り、部活で優勝するための走りってのは、まあ、それにも難しさはあろうが、延々と走り続けるっていう営みはすごく簡単ですごく難しいことなんだなとしみじみ思う。
延々と走り続けるためには、明日も走り続けないといけないのだ。いや、正確には明日は休んだって構わない。明後日もね。でも、いずれまた走り始めないと、走り続けられない。
走り続けるために休みは重要だ。人間は機械じゃないから走り続けられない。
でも、休むほどに走ることから離れていく。
離れるほどに再び走り始めるのが難しくなる。

ーーー

ナミビアのウィントフックで出会ったフランク・レナガード氏の言葉に感動したのはそういうことなんだなと思う。
サムデイ、ネクストタイム。
砂漠を走らなくて気落ちしていた僕に彼は言ってくれた。

フランクは妻を亡くしている。
妻がいた10年ほどの間、自転車で走るのを辞めている。
フランクは本当にすごい。
サムデイ、ネクストタイムは本当にすごい言葉だ。

ーーー

山の仕事がしんどくて、疲れがうまくコントロール出来なくて、久々にうつ病に入っているみたいだ。

でも、これから先の人生、仕事で疲れ果てて、出口が見えないような鬱は何度でもやってくる。

芥川氏のぼんやりとした不安。
まあ、僕はまだ本当に死んじまわなけりゃいけないような不安にはぶつかっていないからこそ生きているから、本当のところは分からない。

不安は語れなくなってくる。
理解してくれる人がいないと感じるようになるのはもちろん。
不安は本当に不安なのか。
自分で自分に語りかけることさえ出来なくなってくる。
文にさえ書けなくなってくる。

どうなんだろう。
飽和なのかな。
不安の飽和。
でも、本当に不安なんだか分からない。

不安ってそもそもに何なのだか。

ーーー

努力しかない。
走り続けるにはタナボタ的な解決や期待はありえない。
ただ、努力するほかない。
努力は報われないかもしれない。
やはりタイミング、巡り合わせってのはある。どんなに努力したって、それが上手くいかないってことはある。
それでも、努力し続けるしか走り続ける方法はない。

そんなこんな。
posted by ちょろり at 07:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする