2018年06月13日

群馬に来てから人間関係が作れない。

群馬に来てから人間関係が作れない。
職場は相変わらずだし、こっちに知り合いと言ってもSさんくらいしかいない。
全く知り合いがいないとなると、もしも何かあった時にどうしようなどと考えたりするし、普段アレコレあっても相談する相手もいない。

東京にいた頃は、バーに行けば知り合いは出来た。さほど仲が良いと言うほどじゃないにせよ、世間話が出来る程度の知人は出来た。
東京は冷たいとは言うけれど、言うなれば全員、地方から出て来た人同士、同じような境遇なので、知人を作るって難しくなかった。
群馬は難しい。

逆に職業を隠して自転車の愛好会、サークルなんかに入ってみても良いのかなと思う。
でも、やっぱり厄介なことになる気はする。
自転車屋の店長という素性が後になってから分かると、嘘つきということになる。
かと言って、自転車屋の店長とわかっていると、店に来られるのも困る。友人が店に来るのって少々困るのだ。どうしても安くして欲しいとか、そういうことになってしまうことがある。僕個人の店なら、良くしてもらってるからそのお返しにこれは安くしますよとかってしても良いんだけど。
同じ理由でお客さんと一緒に走りに行くっていうのもしにくい。

ジャズ作戦はそういう狙いもあった。
ジャズを通して友人、知人を作ろう、と。
残念ながらジャズはいまいち上手くいかなかった。月謝が高い割にあまり教え方も良くなかったので、辞めることにした。

引っ越した土地で知人を作るとは難しい。
ヨガ教室でも通おうかなんて真剣に考えたりするほどだ。
飲みに出掛けるより健康だし、お金もさほど掛からない。
それでも、行ったとしても、そんなに社交的でもないから別に友達なんて出来ないだろう。普通にヨガして帰ってくるだけだろう。

でも、友達、知人なんてのは無理をしてまで作るものなんだろうか。

まあ、職場で一人くらい一緒に自転車乗りに行く人がいれば全て解決する話なのだが。
自転車屋なんだからさ。
そのくらいいれば良いのにね。

まあ、生きるってのはそもそもに孤独なのかもしれない。
大人になったら友達が欲しいなんてみんな思わないのが普通なんだろう。
或いは職場に何人か友達がいるか。
地元にいるか。

はたまた、昔、良い友達がいてくれたから、こんな風に感じるのかもしれない。

みんなそんなもんなんだよ、と言われれば、まあ、そんなもんなのかもしれないな、と。
生きるって孤独なものだし、自分のことは自分でして当たり前だし。

職場では部下にはなめられているし、上からはアレコレ言われて四面楚歌だ。東京の頃よりクレーマーが少ないのが救いではある。
友人もいないし、ストレスを抱え込んでしまうと、簡単にウツになってしまうような環境ではある。

はてさて、どうしたものやら。
あまり深く考えすぎないのが一番か。

群馬脱出するにも、店長してるとそう簡単には辞めさせてもらえるわけもないし、良い仕事もないし。脱出したところでどこに行こうというアテもなく。
人生、途方に暮れてしまう。

ま、そんなこんな。


iPhoneから送信
posted by ちょろり at 02:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする