2018年09月21日

音楽なんかしたいのかもしれない。

最近は何について書こうか、なんて思う。
日記を書いていないようで実は書いてはいる。ただ、最後まで書き切れない。
ーー何だか違うな、そういうことを書きたいわけじゃないんだ。
いつも途中でそう感じてしまう。

日記ってのは難しい。
仕事で店のブログなんかは書いている。これは簡単だ。ブログを書く以外にも自転車を組み立てたり、掃除したり、商品のディスプレイをいじったり、セールの企画を考えたり、ポップを書いたり、接客していたり、イベントを考えてみたり、まあ、あれこれやっているので、なかなか毎日は書けないが、自転車屋のブログっていうのは比較的簡単だ。
商品の話をすれば良い。或いは自転車のコラムを少し書けば良い。
書くべきことが決まっている。
商品の話は嘘は書かずに、誇張せずに、その商品の良いところと、こんな感じで使うと楽しいかもしれないなんてこと、こんな人には良いかもしれないってこと、値段を払うだけの価値があるかどうか、まあ、正直、これはちょっと高いですね、でも良いアイテムだよ、とかね。
お店にはいくらでもアイテムはあるし、それぞれのアイテムごとに語るべきことはいくらでもある。

ーーー

昔、TSUTAYAでジャズのCDを借りて、それをコピーして、ルーズリーフにCDを入れる布を貼り付けて、ジャケットをコピーして貼って、自分で勝手にライナーズノートを書くって遊びをしていたことがある。
まあ、あまり長続きはしなかった。何だかんだ10枚くらいしかやらなかったと思う。
理由は、ひとつに単純に飽き性だということ。
もうひとつにCDをレンタル出来る金があるようでなかったようで、実際にはあるんだけど、何だかいつも貧乏していたこと。
そして、ブログでやれば良いんじゃなかろうかと思ってみたりして、結局、デジタルではしなかったこと。

ノリでCDケースとジャケットを貼る。その前にジャケットのコピーを取りにコンビニに行く。
今になって考えると、面倒臭がりのくせに、多分こういう面倒な手数が楽しかったのだろう。

ーーー

小説については僕はレビューを書くのが下手だ。
その作品について話すってのが下手くそで、例えば安部公房の壁について話そうと思うと、安部公房の他の作品との対比や、シュルレアリスムなのかどうかや、カフカのシュルレアリスムと比較するとどうなのか、そんなわけの分からない方に話が広がる。
まあ、安部公房については砂の女、壁、箱男の三つ読んでおけば良い。他の作品もたいていどれを読んでも安部公房だなという感じで良いのだが。砂の女は完成度が高い。人間の心に突き刺さる。箱男はこれぞ安部公房だ。最高だ。壁は安部公房をバラせばこういうことなんだな、安部公房の作品の根底みたいな感じがする。

ジャズのCDについてもいまいち上手くない。
マイルスデイビスの枯葉の入ったCDに関してはそれを書いた夜のこと、とある秋の夜長の日記みたいな内容だった気がする。ちなみにアルバム名はサムシンエルス。このアルバムは実に豪華なメンバーだ。マイルスデイビスとコルトレーンとビルエバンスと誰だっけ忘れた。まあ、良いや。
はっきり言って、僕は一曲まるっと口でパクパク歌える曲って、このサムシンエルスの中の枯葉と、ビルエバンスのポートレイトインジャズというアルバムの中の枯葉くらいだ。あとはビルエバンスのサムデイマイプリンスウィルカムがほんのり覚えている。昔はもう少し歌えて、夜に一人で親の車を運転しながら歌っていた。
最近はじっくりジャズを聴かないので、歌える曲もほとんどない。
それにしてもサムシンエルスの枯葉とポートレイトインジャズの枯葉については今もちゃんと頭の中で再生出来るんだから、本当によく聴いた。

ーーー

それにしても、改めてジャズという音楽はよく出来ていると思う。
今でもたまにクラシックギターを弾くのだが、昔から弾いている曲数は増えていない。
弾こうと思うと、僕の場合、楽譜がきちんと読めないので、まずとにかく何回も聴く。南米の曲が好きなのだが、リズムが変則的なので、とにかく何度も曲を聴く。
ビラロボスのショーロスという曲が一番好きなのだが、これは本当に独特なリズム感で、多分楽譜のまま弾いても上手く響かない。

クラシックギターという楽器はソロで和音とメロディーが弾ける。
ソロで和音が鳴らせる楽器自体少ないし、和音と同時にメロディーが弾けるとなるといよいよ少ない。ベースとメロディーくらいまでならまだしも三和音以上とメロディーを鳴らせる楽器っていうのは、本当にピアノとギター、あとは鉄琴木琴くらいだろうか。ピアノ、鉄琴、木琴は似ている。ギターは非常にヘンテコだ。右手と左手を使わないと音が鳴らせない。サックスなんかは右手一本でもある程度の音は鳴る。ギターはそうはいかない。左手と右手を同時に動かさないといけない。それなのに、和音が鳴らせる。とてもヘンテコな楽器だ。

クラシックギター、独奏楽器では適当にリズムを揺らすとただの下手くそなのだが、芯を持ってリズムを揺らすのは、これは味があるといえる。
ジャズっていうのはリズムが変則的なようだが、ドラムがいてリズム、テンポ自体はキープされている。
独奏というのはその辺、割と自由だ。

まあ、そんなわけで一曲弾こうと思うと結構聴く。いろんな人のいろんな弾き方をYouTubeで探す。プロからアマチュア、いろんな弾き方を探す。

一人でクラシックギターを弾く時の目的は曲を完成させることではない。人前でノーミスで弾けるようになるための練習ではない。
いかに心に響かせるか、だ。
他人に聴いてもらって、上手だねと誉められたいってのもゼロとは言わないにせよ、多分、僕が誰かの前で弾くことって死ぬまでなかろうと思う。

どちらかといえば、ワンフレーズで良いから気持ち良く響いてくれるように弾きたいだけなのだ。

ーーー

それで譜面を覚えた状態で何度も聴くのだが。
それでも、マイルスやビルエバンスの枯葉みたいに今でも頭の中で再生出来る曲って意外とないのだ。
福田進一氏のシャコンヌに関してはいくらか再生出来る。
本当に音楽が好きな人からはシャコンヌはクラシックギターで弾く必要もないし、バイオリンで弾いているCDの方がよほど聴く価値があると言われたりもするが、なぜか福田進一氏のシャコンヌはよく聴いたのか、よく耳に残っている。

ーーー

ジャズってのは不思議なことに歌える音楽だ。
歌の入っていない曲の方が多いが、しかし、それを鼻歌で歌うと気持ち良い。
クラシックギター曲ってのは口では歌えない。やはりギターで響かせる以外に方法がない。

その点、ジャズってのは実によく出来ている。

あとは、良いオーディオで何回も聞いたからってのもあるかもしれない。
ジャズ喫茶によく行った。
ライブじゃなく、レコードをかけてくれる店だ。CDでかけることも多かったけど。
ジャズ喫茶のおっさんってのは、まあ、マニアだ。ジャズマニア、あるいはオーディオオタク。
オーディオなんてそんなに大して変わらないと思う人もいるかもしれないが、全く違うのだ。
心の底を震わせるような音を出すオーディオってのは存在する。

改めて思えば、昔行っていた店のマスターたちは実に素晴らしい音を作り上げていたなと思う。

ーーー

音楽を聴かなくなったのは、そういうオーディオを聴けなくなったからってのは大きいだろう。

音楽を聴くのが好きな人は分かれる。
演奏する人に多いのは、曲を聴く人だ。
それに対して、僕のような音楽に詳しくない人間は音自体を聴く。気持ち良く体の中に響く音かどうか。
もちろん、最終的にはオーディオ機器の良し悪しよりも、演奏の良し悪し、曲の良し悪しにはなってくる。
ただ、第一関門として、音の良し悪しってのがあるのだ。体の中に響いてくれるかどうか。

ーーー

ただ、音の良し悪しという意味では、昔ギターを大学で弾いていた頃の先輩の音が今でも頭に残っている。
あれはひどく感動した。
今でもどうしてあんな音が出せるのか不思議で仕方ない。そこらのプロよりも遥かに綺麗な音を出していたように思うが、それは思い出を美化し過ぎなのかもしれない。

ーーー

弾くんだか聴くんだか、なんでも良いのだが、音楽なんかしたいのかもしれない。ひさびさに音楽に身を委ねてみたいのかもしれない。

ま、そんなこんな。
posted by ちょろり at 01:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする