2011年06月11日

最近の疑問

何だかすごく眠たいし、雨がざんざか降っているので、今夜はバイトの休憩室で眠ることに。

気付いたら六月も中盤が迫っていて、え、もうすぐ山に行くの? マジで? みたいな感じ。
出発までにしときたかったことたちは、予定よりもいろんなことが少しばかり遅れているけど、おおよそ予定通り。チャリの装備、山の準備、貯金、スペイン語、執筆、読書。

最近、疑問に思うことが、執筆と読書さえできてりゃ、あとはどうでも良いんじゃないか? そんなに長生きもしなくて良いし。いや、やっぱりそういうのってまずいのかな? ってこと。
何せ、そういう考え方が許されるっていうと、フリーター、ニートが簡単に許される。
そうなると、少し前に社会問題になった派遣切りみたいなことが頻発してしまうわけだ。
それに、みんながあまりやりたがらない仕事をしてくれる人がいないと世の中ってのは回らないのだ。ゴミの収集なんて仕事はあまりみんなやりたがらない。でも、大事なのだ。

でも、少数なら、ぷらぷらしてる連中ってのは、いても良い気がする。いや、実際にいるんだけど。

正社員でも一年くらいの長期休暇なんかを取れたり、どうしても合わなけりゃ転職がしやすい、そんな世間になれば良いんだけど。

でも、フリーターが増えたり、就職が見つからないっていう若者が増えているのは、基本的には、やっぱり若者の方に問題がある。
要は根性がないのだ。
就職先を高望みしたり、ストレスに弱っちかったり。
そもそも、働かなくても何とかなるなんて精神がある。親が生きてりゃ何とかなるだろう、と。何せ、大学に行ってる間、あれだけ金をもらって生きていたわけだから、意図的でないにせよ、「あ、親ってのは何だかんだで助けてくれるな」なんて具合に。当然、大学に行ってなくてもそういうやつはいる。

まあ、実際だ。親だって、できることならいつまでも我が子を助けてやりたいと思うのは自然なことで、今の世間では大抵ある程度までは助ける力を持っている親ってのが多いわけだ。
高校卒業と同時に、もう一円も頼って来るなよ、なんて親は少ない。

だからと言って、若者が親にたかれるだけたかろうっていう魂胆なのかっていうとそういうわけでもない。
もちろん、中には引きこもりなんていう、とことんまで親にたかる奴もいるんだけど。それでも、そんな奴は珍しい。

それでも、フリーター、ニートは増える。

思うに、今の若者は理不尽に弱いのだ。
教師が有無を言わさずぶん殴るとか、特に悪いこともしてないのに不良グループにカツアゲされるとか、家に金がないから普通科高校には行かず実業高校に行くとか、部活動でどんなに練習しても上手くならないから試合に出してもらえないとか。まあ、何でも良いんだけど、とにかくそういう理不尽に慣れてない。

僕の高校でも、
「ナンバーワンにならなくても良い、オンリーワンであれば良い」
なんて歌をうたわされて、頭のネジの緩い教育がなされていた。
結果が全てじゃない。そこまでの過程が大切。なんて具合だ。
過程は大事だけど、やはり結果ありきだし、オンリーワンが良いなら、通り魔なんて最高に良いじゃないか、なんてわけだ。
そりゃ、ナンバーワンじゃなくても良いにしたって、せっかくならナンバーワンを目指す努力ってのはすべきだろう。
で、敗北して、なるほど、理不尽だけど、まあ、こんなもんか、なるほどね、まあ、それならそれなりにやるさ、なんて具合の回路が足りないわけだ。

もちろん、全ての若者じゃないにしたって。

若者だけじゃなくって、中年男おっさんたちも悪くって。ちゃんと働いてる大人を見て、憧れられる要素が少ない、かっこよさがない。そういうのも原因なのだ。
働く男がかっこいいの図式が無いのがいけない。

むしろ、働いてない大人がかっこいいなんてのがある。要はテレビの見過ぎで、遠い世界の作り物の大人に憧れを抱いてしまうわけ。
テレビって結構やばいと思う。本なんかと違って誰でもいつでも気軽に簡単に楽しめちゃう。危ない。

まあ、若者だの社会だのはどうだって良い。

僕が、小説以外どうでも良いや、みたいな生き方をしちゃうのはまずいんじゃないかってことだ。
でも、まあ、実際、どうでも良いように感じちゃうことが多いわけで、あ、これはまずいな、いや、まずいのか、別に良いんじゃないか、いやいや、まずいだろ、え、まずいのかい。
別に最低限の暮らしをしてりゃ、誰に後ろ指をさされるいわれもない。最低限ってどこだ。

そんなことを考えたりもする。
要は南米に行った後のことについてビジョンが立たないわけだ。

はて。
できれば、何か手に職付けてお金を稼ぐ方法を一つ持っとくことで、小説以外のことであんまり悩んだり面倒なことをしたくないんだけど。
まあ、贅沢か。

とりあえず、二十代の内に見ておきたいものは一通り見ておいて、それから考えてみるか。

とりあえず、貧乏に強くなくちゃいけない。
お金を欲しがればキリがない。お金はすぐになくなる。
お金が無くても何かを作り出せる人間でなくちゃいけない。

そんなこんな。


iPhoneから送信
posted by ちょろり at 00:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: