2016年12月25日

帰ったら何がしたい?

アフリカ自転車なので、じてぼんの方に基本は書いているんだけど、暇つぶしにこちらに。
じてぼんはこちら。
http://jitenshatohon.seesaa.net/

まあ、心が折れることが多い。
準備不足と不運とが重なって、さらにダルエスサラームという町も、治安も良くはないし、観光も特別ないということで、スタートがかなり悪くなってしまっている。

夜の治安が激しく悪いことと、いまいちロビーに活気もないので、部屋にこもってしまって人と交流がない。ドミトリーが正解だったろうか。

まあ、自転車乗りなんてそんなもんかもしれない。
バックパッカーみたいに人と交流を楽しむというより、淡々と走って、休んで、走ってを繰り返すような。
情報収集するにしても、必要な情報が全く違うから何とも難しいってのもあるんだろう。
基本的にバックパッカーは観光地の安宿を求めて、良いツアーを探して移動するが、自転車乗りはとにかく町があるかないか、水や食料を補給できるかどうか、安宿についてはいくらかはありがたいが、そこまでこだわりはしない。自転車が安全に保管できて値段も高くなければ良い。

日本に帰りたいなーと思う。
まあ、アルゼンチンの時と同じだ。
山小屋でも思った。
基本的に怖いこと、きついことはしたくないのだ、やっぱり。

帰ったら何しようかなー、と考えると、やっぱり仕事のことを考える。どこでどんな仕事しようかなーって。
自営業で何かしてみるってのもいくらか考えることもある。
まあ、何にせよ考えるのは仕事のことか。

仕事のことを考えるって悲しいと思う。
幸い、僕には山小屋もあるし、戻る気になればいつでも受け容れてくれる自転車屋さんも、ペンキ屋さんもあるにせよ、なぜだかやはりまず考えるのが仕事なのだ。

日本に帰ってやりたいことは何なのか。
小説を書きたいってのはもちろんある。
でも、頭に浮かぶのは仕事のこと。
なんとも悲しい。
働きたくないと言いつつ、早く帰りたい、帰ったら何の仕事しようと考える。馬鹿な話だ。

もう少しクリエイティブなこと、アレしたいとか何とか。
そういうの沸かないかねー。

まあ、その辺、まだ日本出国から日が浅いせいか。
いや、最後になっても、やはり仕事のことを考えるんだろうな。

別に考えなくたって、帰国して、まずはとりあえずは槍ヶ岳なのに。

帰りたいなーと思うのは良いにしたって。
何の仕事しようかなー、は頂けない。美味しくないと思う。

アフリカをステップに何か面白いこと。
何かあるのかねー。

でも、まあ、やっぱりそうだな。
本が書きたいな。
実家だと、遊びに出掛けたりで書きにくいから、何か書きやすい環境を構築して。

ふむ。
何かネタをねりたいな。
まあ、オバザキ氏のことでとりあえず一つネタは出来上がってるんだけど。

まあ、とにかく五体満足で生きて帰りたいな。
それ以外は全く何も望まないから。

まあ、そんなこんな。
posted by ちょろり at 03:47| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いよいよ始まったね。
アメリカはミシガンより、応援しています。

ドロネズミのGmailにメールしたから見てね。
Posted by ebama from USA at 2016年12月25日 10:42
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: