2017年02月17日

良き若者に会えてる。

面白いガキがいっぱいいて嬉しい。
これは本音だ。

ーーー

僕の考えでは国なんてのは子どもが作るのだ。
なぜって子どもが十年後の国を作るなんてのは言わずもがな、今を作っている大人たちは我が子のために生きている。

だから、親と子の衝突ってのも出てくる。

ーーー

親と子ってのは必ずフィーリングが違う。
僕の育った時にはインターネットは電話回線のツープルルツープルルなんて音を聞きながら接続を待ったし、親の世代は肩からショルダーバッグみたいなケータイ、今の子は小学生からスマホを持つ。

そんな最新の話じゃなくとも、飯の時にテレビを見ると親父が不機嫌になる、それどころかガチギレした時代。
それが今やベビーカーにタブレット付けて、こどもちゃれんじの動画を、おしゃぶり代わりに子どもをあやす道具に使っている。

便所の水洗だってね。

いくらでもあげられるけれど、人の一世代ってのは、いろんなことが変わる。
親と子は必ず衝突する。

ーーー

今の僕はガキなのか大人なんだかわからないところだけれど、自分より若い子がいくらでも面白いことを平気でトライしてるのを見ると、ウキウキしてくる。
「オレだってまだやるぜ、ガキに負けるかよ」
なんて素直に思えて、そういうのは凄く嬉しい。

ーーー

アフリカは今は日本人は少なめだ。
今の時期は南米ってのが今の旅行者のブームだそうな。
そういうことを教えてくれる若者、そう言いながら自分はアフリカいるっすけどね、なんて笑う表情。チャリやってみたいっすとか。

まあ、たまらんですよ。
アフリカのローカルの人もたまらんけれど、今の日本の若者もたまらんです。

オレもまだ良き若者でいられてるのかな。

そんなこんな。
posted by ちょろり at 06:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: