2017年07月03日

イエスマンは秀逸な映画だった。

映画「イエスマン」を観た。

これはなかなかに良い映画だった。

ちなみに、なぜ最近は映画の感想文ばっかりなのかっていうと、今年は映画から学んでみようってのが一つコンセプトなのだ。
実際、映画はあまり観ていないから新鮮な気持ちで観れるし、勉強になる。
Netflixでダウンロードしておけば、山小屋でものんびり観れる。読書と違って、ぼんやり眺めるだけで良いから、仕事で疲れていても眺められる。
小説なんかは読書狂いという人ほどは読んでないにせよ、好みのジャンルは一通り読んでしまっているし、結局マジックリアリズム、シュルレアリスム辺りで沼にハマってしまっていたりと、どうも新鮮な気持ちで読めなかったりする。
まあ、そんなわけで映画を眺めて備忘録を書いていってるわけだ。

ーーー

イエスマンはすこぶるシンプルなストーリーの映画だ。
何事にもネガティヴだった主人公が、人生何でもイエスと言おう、そうすれば人生明るく開けるよ、なんていうセミナーに行き、半信半疑でイエスとだけ言って本当に人生が変わったように良いこと尽くしになる。全てのことにイエスと言い続け、本当に良いことばかり起きるが、ラストで問題が起きてうんたらこうたらっていう話だ。
シンプルだ。
単にポジティブにイエスって言いまくったらどうなるかっていう話なわけだから。

もうこのシンプルさだけでイエスマンは良い映画って言ってしまっても良いと思う。

シンプルな問題だが、非常に確信的なところを突いている。
仕事に追われて疲れ続けていたり、どの先進国も抱える鬱病問題。
この問題の原因はいろいろあるにせよ、心構え次第ってのは大きい。
心構えなんていうと曖昧だけど、イエスマンでは一番簡単な方法、言霊を使って心構えを変えようってやり方だ。
ポジティブな言葉を嘘でも口に出して言って、実行するってのは凄く効果がある。
まず口に出して発生する、その自分の声、ポジティブなフレーズを耳で聴く、そして実行して体験する。これを繰り返すと自己洗脳的にポジティブなイメージが心の底にできる。
そういう風に具体的な行動を通して潜在的な部分にポジティブなイメージを作るっていうのは物凄く大事で、プロのスポーツ選手なんかも多く取り入れている。最近ではラグビーのジロウマル選手のキック前の儀式的な動きなんかが有名だ。あの儀式をすればキックが上手く決まるという自己洗脳をするのだ。サッカーのフリーキックなんかにもそういう選手は多い。カッコ付けでやるんじゃなく、積み重ねた練習、試合などの経験の上で一番パフォーマンスを発揮するための方法なのだ。

全てをイエスと答えることで、ポジティブになる。
安易なようで実はとても深いテーマなのだ。

そして、これをくどくどと説明しない。
ジムキャリーという明るい演技の上手い役者によって、ゴリ押しをかける。

普通、セミナーにちょっと参加したぐらいじゃ、根暗からイエスマンにはなれない。
その変化を描くだけでも、普通にやればかなりの長さが必要だ。
しかし、そこはコメディーで押し切る。
まあ、笑う。セミナー会場のうさんくさい空気、そこに集う信者たちが声を揃えてイエスと叫ぶ。まずその空気に笑う。その中で強引にイエスと言わされるうちにジムキャリー特有の明るさみたいなところで、半ば強引にイエスマンにしてしまう。
冷静に考えるとかなり強引なんだが、そこもまた面白い。
さすがにその強引さだけじゃ、観る側も納得しないが、セミナーの帰りにホームレスにいきなり車で公園まで連れて行ってと絵に描いたような展開をぶつける。周りはセミナー帰りの信者たち、ついさっき全てにイエスと答えると誓わされたばかりなので、半ばヤケで主人公はイエスと言う。
さらに強引にホームレスは電話貸してなどと絵に描いたようなお願いを続け、こうなりゃヤケとイエス、さらには車を降りるときには2ドル貸して、イエス、2ドル渡そうと札を2枚渡すと、2ドルだけじゃなくて全部ちょーだいとホームレス、やはりイエス。
「そんなホームレスさすがにいないだろ、しかも、そんなセミナー帰りにタイミング良く!」
そんなツッコミが心に湧いてくる面白さ。
強引ではあるものの突き抜けているから面白い。

でも、それだけじゃ、イエスと無理やりいっても良いことなんかないじゃないかって話だ。
さらにホームレスに所持金全部渡して、家に帰ろうとするとガス欠。電話もホームレスがずっと通話し続けて電池ゼロ。絵に描いたような散々な目だ。
ポリタンク持って町まで歩いてガソリンを買いに行くと、女の子と出会う。
素敵な異性との出会いってのは安易だけど強い。観ている側も、
「イエスって言ってたら本当に良いこと起きた!」
と納得出来るような『良いこと』だ。

まあ、絵に描いたような展開で笑ってしまう。
とにかく強引にゴリゴリと笑いで押して、根暗がイエスマンになる。
ジムキャリーのコメディー映画と言えば「マスク」だが、マスクもかなり強引な設定だが笑いで押し切って無敵になれるマスクという存在を作り上げてしまう。
この笑いで展開を押し切ってしまうってのは手法としても、ジムキャリーの演技力も本当に見事だ。観ていて笑えるし、ストーリーをぐっと次の展開に押し込める。

基本的には、このグイグイのゴリ押しの笑いで、イエスマンにはどんどんと良いことが起きていく。
自分が気になったことには、イエスと言ってどんどんいろんなことをやって行く。それが予期せぬほどの幸福な結果に毎回つながって行く。
笑えるし、悲惨な根暗が幸せになっていくのは観ていて気持ちが良い。
ジムキャリーの表情がやっぱりどのシーンも良い。あれはすごい。
都合良く起きていく幸せの組み合わせ方も上手い。そんな都合良く行くかよって笑ってしまう。

あとはストーリーの基本通り起承転結と進む。
起で根暗の主人公を提示して、それがある日突然にイエスマンに変わる。
承でイエスマンになったことで、どんどん良いことが起きる。
転では全てにイエスと言い続けていたイエスマンに問題が起きる。
結で転の問題を収束させて終わる。

テーマもシンプルだが、話の構成も非常にシンプルで良いのだ。

名作「マスク」もどこか似ていると言えば似た話だが、イエスマンの方が一枚上手だなと感じさせられるのがイエスの力だ。
もちろん、映画のようにイエスだけでは物事上手く進まない。そうは言っても、イエスの力、言霊による自己暗示の力ってのは実際にすごいし、誰でも実践出来ることだ。
これは観客の心に響く。

マスクの面白さも、マスクを付けることで人はすごい力を発揮できるというのは、人間の思い込みの力を示してはいる。
ただ、現実には映画のような簡単に装着するだけですごい力を使えるようになるマスクっていうのは存在しない。
言うなれば、イエスと口に出して言い、実行するというのは、自分の心に強いマスクをはめるための具体的な方法なのだ。

そうは言えど、イエスだけでは空想のマスクのようにスーパーパワーはすぐには手に入らないから、観客を「すげー、本当にイエスって言い続けて、良いことが起きて行く!」と思わせるのは、かなり難しい。
「マスク」以上に「イエスマン」が優れているのは、これを上手くやり切っているというところだ。

テーマの良さ、ストーリーのシンプルさ、ジムキャリーの演技力、展開のうまさ、速度。どれをとっても秀逸で、観ていて笑えるし良い気分になれる。
実に秀逸な良い映画だと思う。

まあ、そんなこんな。
posted by ちょろり at 01:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: