2018年02月26日

上司の退職。

自転車屋でお世話になっていた上司が退職した。
自転車屋で働き初めて最初に一から販売のやり方を教えてもらった人だ。
改めて趣味用品の業種で働くって難しいと感じざるを得なかった。

たしかに、この人は自転車屋向きじゃなかった。
販売のスキルは高かった。
自転車も好きだった。
ただ、ロードバイクを売るプロショップの店員として正統派ではない乗り方だった。
プロショップの商品ラインナップって物凄く難しい。正統派の乗り方をしていないとどうしても分からないところがある。
ストリート系、もっとライフスタイルに寄り添ったタイプの自転車ショップならその人はもっと上手くいったのかもしれない。

自転車業界はつらい。
低賃金で休みが少ない。
好きな自転車のイベントに参加したくても、土日は販売って忙しくてなかなか泊まりがけでイベントに行けない。

そういう業種、条件の悪い仕事だからなかなか人材も集まらない。
せっかく来てもガッカリして辞めてしまったり、どんどん働くモチベーションを失ってしまう。

人材を大事にしない会社の多い業種だと思う。
上司は会社ともめて去ることになった。

ーーー

当然、私より年上の人なので、次の職探しには相当難儀するだろう。
何とも心痛んだ。

しかし、当人は辞めると決まると明かるかった。

「いや、君も以前退職する前はそうだったよ。えらくお客さんに対して丁寧になったなと思ったもん」
今夜飲みながら話していると上司は言った。
「たしかに言われるとそうだったかもしれませんね。そりゃ、良くしてもらったお客さんに自分が離れて迷惑かけることになりますからね。申し訳ないですからね。お客さんへの最後の恩返しっていう気持ちはわきますよね。それで丁寧になるんですかね」
そうは言っても私の場合、アフリカに行こうという明確な理由があって辞めていたのもあって暗くならなかったし、お客さんに明るく丁寧に接客出来たのかもしれない。

世話になった上司が良くない形で会社を去る。
理由の一端に私が戻ったのもある。私が店長になったことで、枠が一つ押し出されてしまった。
言うなれば私を雇用する費用のために、その上司は職を失ったという側面もある。
会社が私の方を店長に選んだ理由はいくつかあるのだろう。自転車の経験値だったり、文章での広報ができる能力を買ってもらったというのもあるだろう。
ただ、若い私の方が無理を言いやすい。扱いやすいという理由もあるだろう。

会社にも都合があるので、解雇ってある程度は仕方ないとも思う。
それにしたって、もっと平和的な形での解雇の方法もあったように思う。

まあ、自分は経営者じゃないので本当のところは分からない。ビジネスとしての事情は分からない。
それでも、人間として、今回のことはどんな事情があれど正しくないことだと感じた。
辞める人間にも残る人間にも悲しいやり方だと感じた。
本音を言えば、こういうことをする会社で働き続けるって物凄く不安だと感じた。

ーーー

不安であれ、嫌であれ、悲しいことであれ。
残るからには良い仕事をするしかない。
会社の良い面を信じるしかない。

その人の未来なんか考えてる余裕はないかもしれないけれど、次の職場が良い職場に巡り合ってくれたらなと思う。

好きなことを仕事にする。
そういうのって、ここまで難しいことなんだろうか。

まあ、そんなこんな。


iPhoneから送信
posted by ちょろり at 00:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: