2018年03月14日

どう生きたいかを考える。

どう生きたいかを考える。
現状に絶望していても仕方がない。
現状の分析をしてみたって、にっちもさっちも行きはしない。

海のある町は良い。
チャリで気持ち良い峠のある町は良い。
歴史ある観光地も良い。
アウトドアのフィールドが近い町も良い。
そういう良い町に住みたい。

好きな女の子とにこにこして生きていたい。
好きな女の子のことを心からずっと好きでいられるような生活は良い。そういう女の子は素晴らしい。

自転車で時々遠くに行きたい。
アフリカや南米とまでは言わない。
北海道や鹿児島とまでも言わない。
それでも、二泊三日くらいで遠くまで。

美味しい珈琲を飲みたい。
美味しい煙草を吸いたい。
逆を言えば、一緒に過ごしていて煙草や珈琲が美味しくなるような友人がいて欲しい。

好きな音楽を聴きながら、本を読みたい。
必要な本じゃなくて、全く実用的でも何でもない、読んでも何も利益やメリットなんか得られるわけでもない、ただ読んでいて幸福な気持ちになれるような本を読みたい。

はたまたそういう本を書きたい。

偉い文章家になりたい。
これは昔と変わった。
昔は偉い小説家になりたかった。
偉くなりたいってのは変わらない。
単純に褒められたいとかお金が欲しいって欲求もあるにせよ、書くからには良いものを書きたい。
ただ、その書く媒体が小説に限らなくなった。
何でも良くなった。
何でも良いから読んでいて幸福な気持ちになったり、世界の平和のためになるような、読んだ誰かが満たされるような文章なら何でも良い。

犬の散歩をしたい。

トレーニングをしたい。
筋肉むきむきとまで言わずとも、ある程度引き締まった健康な体と精神でいたい。

お金はたくさんはいらないにせよ、困らない程度には欲しい。
まあ、お金に困らないって、かなりたくさんの金額になるのかもしれないけど。
でも、お金のことを考えた時に心配になったり悲しくなったりは嫌だ。

アフリカの人に少しでも恩を返せるようなことがほんの少しでも良いからしたい。

機構の穏やかな土地に住みたい。

可能なら自転車屋さんはしたい。
自転車屋さんって平和だと思う。
自転車って良いなと思う。

どうすればそういうことが出来るか考えて頑張っていこうじゃないか。

ま、そんなこんな。


iPhoneから送信
posted by ちょろり at 01:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: