2018年04月22日

ジャズを聴いていると不思議と悲しくなる。

ジャズを聴いていると不思議と悲しくなる。
失われた時代を思う。

そんなこと言ったって、ジャズの時代なんか実際には僕にはなかった。
ジャズを聴くのは好きだけど、演奏出来る機会なんかもなかった。代わりにクラシックギターを弾いた。

だから、ジャズを聴いて失われた時代を思うなんてのはすごく不思議なことなんだけど。

それでも、昔はとにかくジャズを聴きながら文を読み書きし続けたから、その時代のことを思っているのかもしれない。

ーーー

最近、ジャズギターを始めたのだけど、辞めることにした。
今日、ジャズギターの先生のライブがあったので聴きに行ったところ、辞めることに決めた。
先生は上手かったし、ジャズって素敵だと思った。
でも、自分がジャズギターをやることはない、誰かとセッションをすることはないと感じてしまったのだ。
何故って分からない。

一つに歳を取ったせいもあるのかもしれない。
ジャズよりもクラシックの方が心震えるようなことが増えた。

ただ、単純に自分は一人で何かを作るタイプだったのかもしれないなんて思わされてしまったのだ。
何人もで一つのことをするじゃなくて、あくまで一人で自分が思うように自分のしたいことをし続ける。
音楽以外のことは分からないけれど、音楽に関しては誰かとやるって向いてない気がしてしまった。

ーーー

何だかその体験はとても悲しいことのように感じた。
理屈じゃなくて、そんな気がしてしまうって何とも言えない。
理屈で説明できることは何となく納得したり、あるいは改善したりも狙える。
ただ、フィーリングで感じてしまったことって、もうどうにも出来ない。
だれかと一緒に音楽をするって俺には無理だ。
それはとても悲しいことだった。

ーーー

それでも、仕方のないことだ。
違うと思ったことってやっぱり違うのだ。
人生、我慢も大事とは言うけれど、我慢なんてのはしない方が良いと思うのだ。

そりゃ、したいことのために必要な我慢は大事だ。
でも、したいことと違う我慢は駄目だ。
僕は今でもそう思う。

ーーー

ちょっとばかし、仕事の休みが少なくて疲れてるせいもあるのかもしれない。

ただ、ゆったりとギターでも弾きたい。
だれか一緒に弾いてくれるって言うんなら、僕が唯一二人で重奏をした男が良い。
それでも、彼も忙しいし随分遠くに住んでいる。

だから、春の暖かな夜に願うことは一人でゆっくりとギターが弾きたい。それだけ。

そんなこんな。


iPhoneから送信
posted by ちょろり at 00:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: