2018年06月22日

お金を欲しいと思わない気持ち。

お金を欲しいと思わない。
非常に大事なことのような気がする。

お金ってのは実にヘンテコなものだ。
愛とお金、どちらが強いか。
多分、今の世の中、お金じゃないだろうか。
もちろん全ての人がそうではないにせよ。
それでも、お金なんて全く欲しくないって人はゼロじゃないだろうか。
今に限らずいつからそうなんじゃないだろうか。

ヘンテコな話ではあるけれども、お金なんて欲しいと思わないようになるには、お金がたくさん必要なのだ。
お金がない人がお金なんて必要ないと感じるのは難しい。
知人の株屋さんみたいにお金がありすぎて、そう、彼はもうお金がありすぎる、株の中でピコピコと動くお金ってのは、もう現実世界で実際に使うお金とは桁が違い過ぎるから、別に現実世界でお金を使いたいなんて思わないのだ。
自分のしたいことがお金を必要とすることの場合にはお金を使うけれど、高いものだから欲しいとかってのは全くなくなるらしい。
高級ブランドでもホームセンターの作業着でも彼にはどっちでも良いらしい。

彼が高い金額のものが欲しいと感じるためには、彼は貧乏にならなければいけない。

自分で燻製をしたいとか言って近所の畑を買って燻製小屋を建てたりはする。
金が掛かるとかっていうのは、本当に彼にはどっちでも良いことなのだ。
必要になれば、株の海から少しすくってくれば良いし、必要なければすくわずにいれば良い。

ーーー

それにしても、お金があって、お金が欲しいと思わない暮らしってのは難しいんだろうなと思う。
貧乏だとコンビニで買うビールが嬉しい。
それはビールが好きだからってのもあるにせよ、ビールは高いからたまにしか買えないからってのもある。
僕なんか正にそれでビールはそんなに好きでもないのだが、やはりビールを飲めると幸せになれる。
でも、海外にいる時はビールばかり飲んでいたことを考えると、やっぱりビールは好きなのかもしれない。

ビールが百円になると僕の幸福度は下がるのか。
実際、南米、アフリカあたりだとビール百円ってのはさほど珍しくもない。
1リットルで二百円だったり、350mlで百円だったりと国で違いはあるにせよだ。
それにしても、改めて考えるとやはりビールは海外でも安くない。百円って結構な良い金額だ。特にアフリカなんか日給三百円もらえれば万歳、今日は仕事があって運が良かったみたいな人も少なくない。それでも、人々はビールを飲むのだ。

人々はビールの美味しさを飲むのか、高い飲み物という喜びを飲むのか。

本来は、高いもの=美味しいものっていう図式は成り立つようにお金って作ろうとされている。
ただ、今の現実ではそれってあまり成り立たない。
白米、納豆、味噌汁、卵焼き。
我々日本人には、実に美味しい。
でも、高くはない。

僕はメロンって好きじゃない。
そんなもん個人の好き嫌いだろと言われればそれまでなのだが、全くもって好きじゃない。別段嫌いってわけでもない。ただ、ポテチとメロン、どっちか選ばせてくれるなら、ポテチが欲しいっていうレベルだ。シュークリームとポテチだとシュークリームだろうか。
でも、メロンは高い。

単純に需給バランスで価格は決まる。
メロンはみんなある程度お金を出してでも食べたいからこそ高いのだ。安くすると売り切れになってしまったり、作る人が労力の割に報酬が少ないからということで辞めてしまったりすることになる。
お金を出してでも食べたいってのは何なのか。美味しいからなのか。
これが難しい。

「あたい、朝はフルーツしか食べないの」
映画だか漫画だかでそんなセリフがある。マダムが言うわけだ。
これは美味しいからってわけではないだろう。マダムはマダムだから朝はフルーツしか食べたくないのだ。

まあ、もちろん、美味しいからっていう理由もあるんだろうが。

まあ、さらに言えば健康志向とかってのもあるんだろうが。
余談ではあるが、アフリカでは毎日マンゴーばかりかじっていたが、確かにマンゴーをかじってばかりいる時は体調が良かった。
マンゴーを休んで、パンとかウガリ(アフリカの小麦粉なんかの粉を混ぜ合わせたモチみたい食べ物)の炭水化物ばかりで生きていると体調がいまいちになった。
フルーツは健康に良いってのは確かにあるんだろう。

ただ、日本でフルーツばかり食べるというと、それが間食やデザートならフルーツが好きなんだね、で終わるにせよ、一食まるごとフルーツだけとなると、贅沢というか、少々成金趣味な気もしてくる。
まあ、確かにフルーツで朝ごはんは羨ましいとは思う。朝から美味しいだろう。

でも、メロンは好きじゃない。

まあ、フルーツはそれなりに美味しいから値段が高いというのも事実ではあるのだ。
それでも、やはり高いから美味しいと感じる部分があるってのもやはり事実だろう。

ーーー

お金が欲しいと思うのは悪いことじゃない。
むしろ、大事なことだ。
お金を稼ぐって大事だ。
お金を稼ぐことが好きで得意で、なおかつお金を使うことが好きって人が増えれば経済はよくなるだろう。

問題は経済が良くなったら世界は良くなるかといえば、そこは案外何とも言えない。

ーーー

お金を欲しいと思う気持ち。

ま、そんなこんな。


iPhoneから送信
posted by ちょろり at 00:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: