2018年07月20日

四面楚歌

四面楚歌している。
職場にて部下はヤル気がなくて、社長は屁理屈こねて、飲みに出てもしっくり来る場所がなかなかない。
家では同居人が群馬から出たいと言っている。

群馬には知人も頼れる人もなく、四面楚歌。
どこに行っても敵の国の歌が、あいつを倒せと響いている。
一つの言動の誤りで敵軍が流れ込んで来る。

おれは呑気に自転車を売って、休みの日になれば自転車に乗って、夜は時々酒を飲みに出て、気楽に生きていたいだけなのだ。
たくさんのお金はいらないし、立派な家も車も必要ない。
気楽に人と話をしていたい。
「間違えたことを言ったらどうしよう。地雷を踏んでしまったらどうしよう」
そんな心配などせず、特に考えなどせず、頭に浮かんだ話したいことを何となく口にしてみて会話がしていたいだけだ。

そういうところに至って改めて、人間として致命的だということだ。
人と話したり、人と会うことが恐ろしいのだ。
間違えた言動をしてしまったら、地雷を踏んだらどうしよう。
そんなの人間として致命的だ。

友人もどこかへ去って行ったし、正直、楽しいこともない。
生きていて楽しみがないのだ。
何かがしたい。

今の仕事をやめて、何かしたいということもないし、何か出来ることもない。

死にたいなら早く死ぬべきなのだ。

ーーー

不思議なことといえば最近雷が怖いと思うようになった。

雷なんか最高じゃないか。
当たれば即死、気づく暇もなく。
理想的じゃないか。
そもそも滅多に当たることなどない。
それなのに雷が怖くなった。
当たったらどうしようか。
どうしようもないし、どうするということもないじゃないか。
しかし、雷が怖い。

そんなこんな。
posted by ちょろり at 23:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: