2018年07月30日

金を持ってロクでもないやつになること。

いくらか金を持っていたり、ハッタリをかましたり、地位や名誉があったって、そういうのはあまりその人の人間性には関係ない。

人間に大事なものはいくつかあるが、最終的には強さだ。
ただ、強さってのは誰かを屈服させるってものじゃない。
誰かに助けてもらう力だ。
結局一人でどんなにいばったって、強がってみたって、そんなものは5人くらいで束になってかかればすぐに倒れてしまう。
一緒に助けてくれて戦ってくれる人が何人いるかが人生だ。

そういう意味で人を大事に出来ない人間には未来がない。
短い目で見れば良くたって、長い目で見たとき、人を大事にしなかった人は痛い目を見る。そして、そういう時に誰も助けに来てくれない。

人は優しくあるべきだ。

ーーー

優しい人は足元をすくわれる。
馬鹿を見る。

それも一つの真実だろう。
真面目にやってると、悪い奴に足元をすくわれる。

火のないところに煙は立たない。
悪い奴って言われる奴はやっぱり何かしら悪いことをしているのだ。

ーーー

今さら、普通の仕事を夢見たりする。
あまり難しいことを考えたくない。
特に人を半分騙すようなことはしたくない。

それは騙しているわけではない。

そんな風に言いくるめるようなこと。

そういうのは騙してるってことなのだ。

事実を都合よく語るってのは、ある程度は仕方ない。どちらかから見て都合の良いように物事は進められる。
ただ、事実ではない嘘をさも本当のことのように語るのは良くない。

ーーー

貧しさは悲しい。

しかし、正しくないことはもっと悲しい。

正しくて貧しことは悲しいところもある。ただ、救いはある。

正しくなくて富めることは空虚だ、救いがない。

ーーー

さて、問題は正しくない人間が強大な場合だ。
まあ、強大である。
悪くて強大だから、財を築く。

もう自転車の仕事は二度と出来なくなるだろう。

まあ、それも人生か。

そんなこんな。


iPhoneから送信
posted by ちょろり at 00:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: