2018年08月07日

最近、ぼんやりと。アフリカを思い出す。

最近、ぼんやりと生きている。
向上心のないものは馬鹿だ。
漱石は小説の中でそう言っていた。
そういう意味では最近の僕は馬鹿だ。

なかなか生きるとは分からないものだ。
ご飯を食べて、明日に困ることなく生きていればそれだけで良いのか。

答えはシンプルで、それで良いのだろう。
人間、生きてりゃそれだけで良いのだろう。

最近、独立開業のことなど少し考えたりした。
雇われもくたびれた。
そうは言っても経営となると、ますます面倒くさい。
自転車業界は貧乏業界と言っても、独立すれば、それなりの収入にはなる。
自転車って何だかんだでそれなりに高額だし、それなりに売れる。世間一般の人が考えているよりは自転車って売れるのだ。

ただ、サラリーマンやってる限りは自転車業界の昔からの悪しき伝統でとにかく給料をたたいて、休みは少なく働かせるってのがある。
自転車をいじるっていう特殊なスキルと、中途半端な高額商品、車ほど高くもないし、かと言ってパソコンよりは高い。そして、在庫金額が高い、店舗面積が必要など。
独立しにくい要素が多く、ライバルが現れにくいので、給料を上げて人材を募る必要もなかったりする。メンテナンスや修理は基本的に買った店でやるから、家の近所で買う人が多いということもあるので、特別なことをしなくてもそれなりに売れる。
そんなわけで人材を大事にしない業界だ。

かと言って、独立すれば良いかと言えば、金策に走るのが考えるだけでも嫌なのだ。
毎月支払いがいくらあるから、いくら売らなくちゃいけない。
経営って基本的に借金ありきで、どうやって返済しながら利益を膨らませて行くかってことになる。

最終的に経営ってお金が欲しいかどうかだろう。あるいは商売を通してやりたいことがあるかどうか。
その点、金はまあそこまでいらないし、休みもサラリーマンしてる方が休みは休みなので呑気ではある。
雇われと言っても自転車を売って、話して、修理して、言うなれば自転車屋さんとしての仕事は変わりない。仕事内容としては好きなのだ。
そうなるとブツブツ言いながらも雇われで働いている方が良いような気もする。

そうやって「向上心のないものは馬鹿だ」になるわけだ。

ーーー

群馬に来て友人、知人がなかなか出来ない。
群馬に原因があるのではなく、ちょうど三十歳くらいってそんな歳なのだろう。
普通は転々としていなければ、友人や知人なんてある程度いる。そうなると友人、知人を増やそうってなかなかならない。
仕事や日々の生活でつまづいた時に会話出来るような友人。

その点、アフリカの村なんかって良いなとは思う。
とにかくどこかで群れている。
別段、何をするわけでもなく何人かで黄昏ている。
もちろん、水汲みやらアレコレすることもあるんだろうけど。
国にもよるけど、一日三ドルとかで生きている。
お金もないし、仕事もないから家族や隣近所の人と話したり、ぼんやりして過ごす。
基本的には村人は全員知り合いだ。

もちろん、そんな楽天的で平和なばかりではないのだろう。本当の貧困とは実に大変だろう。マラリアの蚊も飛んでいれば、綺麗な飲み水もない。
ただ、少なくとも僕の記憶の中のアフリカの人々はすごく平和に見えた。少なくとも寂しそうな人ってのは少ないように見えた。

そうは言ってもアフリカでも大都市となれば全員知り合いってわけにもいかない。
それでも、路上に座り込む暇そうな人々は何かしらしゃべっていた。

家で一人で過ごすってのがあまり選択肢に入らないらしい。
日本と違って、家の中は風が通らないので、外の木陰の方が涼しいってのもあるのかもしれない。
はたまた、仕事がないように見えても、実はバス停で観光バスを待ち伏せてギブミーマネーと頼むための待機時間、つまり実は立派な仕事なのかもしれない。

仕事がないってのは悲しいことでもあるけど、暇ってのはそれなりに良いことなのかもしれない。

ーーー

暇が欲しいのかもしれない。
ふと、暇ってものを思い出す。
ここ最近、暇の思い出がない。
休みは少ないとは言えどある。それでも、何かしている。何か内容があるのだ。

自転車で旅していた時にはいつも暇だった。
その日の目的地は一応はある。大陸を一つ自転車で走るってのはなかなか途方もないようで、案外1週間も走れば500km程度、東京〜大阪くらいの距離にはなる。東京大阪なんか小さな日本の中の距離じゃないかと思うかもしれないけれど、2週間走れば1000キロ、1000キロとなると青森東京くらいにはなるし、4週間も走れば北海道から鹿児島くらいにはなる。
僕なんかは実際は途中の町なんかで休んでばかりいるので、そこまでの距離にはならないのだが。
日本も小さいように見えて、アフリカでの走行距離が4000から5000キロ程度、僕は走った距離に関しては非常にどんぶり勘定なので本当のところは地図をたどってみないと分からないし、くねくね走っているので、まっすぐ突っ切ればもっと短くなるのだが、北海道から鹿児島まで行って、また北海道まで戻れば一応は大陸を横断出来る程度の距離にはなるわけだ。
地球をぐるりと回る赤道の長さは約四万キロだから、五千キロも走れば大抵の大陸は横断出来るのも当たり前と言えば当たり前で、南北に言ったって二万キロなわけで、単純計算4倍なわけだ。

そんなわけで大陸を横断するってコツコツ日々走って、何か食べて飲んで眠っていると、何だかんだで気付くとゴール出来てしまう。
もちろん、大変は大変だ。
今から資金は出してやるからアフリカを走って来いって言われても怖いので嫌だ。それなりに腹をくくらないといけない。まあ、腹をくくる時間を少しもらえれば喜んで行くのだが。でも、次は予防接種してから行きたい。

毎日ぼんやりと、
「今日はこの村かこの村くらいかなー」
なんて見当を付けて走り始めることもあるし、道路の看板に町までの距離が書いてあるのを見て決めることもあるし、2時くらいまで走りながらその時に決めるなんてこともあるし。
一応目的地みたいなところ、一応の目安みたいなものはあるのだが、いちいち街の名前などリストアップするようなマメなタイプでもないので、何となく自転車こいでたどり着いた村で何とかするわけだ。

これがある種の究極の暇で、目的地があるなら、そこまでバスなり飛行機なりで行けば良いのに、チンタラと自転車こいで進むわけだ。腹が減ったなーと思えば何か食べながら。
景色の良し悪しに感動するなんてのも、まあ、いくらかはある。
シマウマが横切ったりすると嬉しい。
象が出ても最初は嬉しい。象の恐怖が分かると怖くてたまらないが。
村で暇そうなやつに絡まれて、タバコを取られたりしながら。

象に関しては本当に最悪だ。
まあ、冷静に考えれば当たり前なのだが、檻がない動物園、しかも、みんなワイルドライフだから元気モリモリ、怖くて当たり前なのだ。
ライオンは出なかったので良かった。
パタゴニアもピューマが出なくて良かった。

冷静に考えてはいけないってところもある。
冷静に考えると家から出るのも危なくなってしまう。
それこそ冗談抜きで最近の日本は外が暑くて危ないので不要な外出はやめましょうなんて本気で言っているけれど、その理屈で言うと生きていると死んでしまう可能性があるので生きるのはやめましょうなんてことになってしまう。
「そんなの極論過ぎる」
なんて言われるかもしれないけれど。

それでも、熱中症が危ないから室内でエアコンを付けましょうってのは、実に問題の解決になっていないのだ。
酷暑だの何だの、昔と違って暑くなった、最近の暑さはひどいだのなんだの、そうは言ったってその暑い地球で生きていく他ないのだ。
家の中を冷やして、外に熱を出してなんかじゃイタチゴッコにもなりゃしない。
それどころかどんどん外が暑くなる一方だ。
最近、日本が暑いのはエアコンの使い過ぎなんじゃないかとさえ思う。

やはりこれもアフリカは優秀で、暑いから木陰でぼんやりしよう、である。
実際、アフリカの暑い地域って、仕事どころじゃないと思う。最低限、生きていくために必要な水汲みなんかはするにしたって、それにプラスして何か労働するかって話になると、そんなの暑くて無理だよってなる気はする。
とりあえず、最低限、食うだけは動くにせよ、あとは日陰で何かおしゃべりでもしながら、ぼんやりしていようぜ。太陽が傾いて少し涼しくなってから何かしようぜ。
暑さへの対策としては一番良い方法なんじゃないかと思う。
暑くて動けない時は動かずぼんやりする。
そうしてると、それなりに暑さに慣れてくる。
結局、生き物やってる限り環境に適応していくっていう以外に生きていく方法はないのだ。

ーーー

不要な外出はどんどんすべきだし、暑ければ日陰で涼めば良い。
冷静に考えて、危険なことを避けて。
それじゃ一時凌ぎにしかならない。

とりあえず、あまり深く考えずにやってみて、駄目そうなら逃げる。
そういう意味では逃げの方法は考えておかないといけないのだが。

象が出てどうしても危なければヒッチハイクでもすれば良い。
ちなみにボツワナの象エリアではこっちから頼まなくても、車がちょくちょく声をかけてくれるので、特に無理をする必要はない。

ーーー

それにしたって、そんな危険なことに自ら意図的に突撃しなくて良いじゃないか、なんでそんなことするのだ、と言われるとこれは実に難しい。

まず、象エリアを通らないと目的地にたどり着かないから象エリアを通るだけだ。
そういうと嘘になる。意図的にそこを通るようにルートは組んでいる。パタゴニアもそうだが、暴風の無人地帯を意図的にルートに入れている。いや、パタゴニアはフィッツロイに行きたかったので仕方ないと言えば仕方ないのか。
いや、そうは言ったって、結局はスタートおうち、ゴールおうちなわけだから、そもそもに家から出なければ良いわけだ。

凄いことをしたいのか、誰かに自慢したいのかといえば、まあ、いくらかはそういうのもあるんだろう。
きゃー、鼠くん素敵!
まあ、モテたい。可愛い女の子にモテたい。素敵って言われたい。あわよくば一夜を共にしたい。
そうは言っても、別にモテはしないのは分かりきっていることだ。
誰かに自慢するにしたって、自転車友達は少ないので話してもあまり理解してもらえない。旅人なんかには話すといくらか気分が良かったりはする。

まあ、単純に野生の象がふらふら歩いてる道なんか行ってみたいじゃないか。台風どころじゃない風で木が根っこから抜けて転がっているような大地に行ってみたいじゃないか。アフリカで一番高い山の頂上の景色を見てみたいじゃないか。
それも、自分の足で、自転車で行ってみたいじゃないか。

つまるところは単純なそういう欲求なわけだ。
飯が美味いからどこそこの国に行きたいとか、何か有名な美術品があるからとか、人気があるからとかじゃなく、単純に行ってみたいというだけだ。
海辺の浅瀬フラミンゴがいっぱい群れていたりね。
写真で見たいじゃなく、生の目で見てみたいし、生の足で自分の力で行ってみたいじゃないか。

ーーー

暇が欲しい。
ま、そんなそんな。


iPhoneから送信
posted by ちょろり at 22:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: