2019年11月28日

HELLO WORLD.

子どもが産まれた。
無事に産まれた。

産まれてくるのを見ていたら、人間も馬や牛と同じように出て来るんだなと思った。当たり前だけど、普通にお母さんのお尻から出て来る。頭から世界に出て来る。血や羊水にまみれて。
嗚呼、命。

命の誕生は神に感謝するものかと思っていたが。
もちろん、神にも感謝はするが、やはり産むのは人間なのだ。そして、産まれるのは人間だ。
妻と息子にこそ一番感謝の気持ちがある。

女の人は、まあ、本当にすごい。
しみじみ思った。
30過ぎて、母親の偉大さが骨身に染みた。
赤ちゃんも大きいが、胎盤というのも結構な量だ。
ドサっと血だらけの肉片である。

赤ちゃんも、まあ、立派なものだ。
産まれて少しして、もうおっぱいを飲んでいた。
産まれてきて、へその緒を切ってもらって、母親が産後の処置をしてもらってる間に、赤ちゃんも綺麗にふいてもらって、服を着せてもらって、少ししたら、もうちゃんとおっぱいを吸うのだ。おっぱいに顔を近付けてもらうとちゃんとおっぱいを吸って飲んでいる。

それにしても、痛みは壮絶だった。
うちは和痛分娩、麻酔で痛みを取る方法を採用したのだが、麻酔なんか本当に効いているのかと言わんばかりに妻は喚いていた。
息を吸って、吐いてと。頑張れしか言えない。
まあ、壮絶である。
破水が先だったし、陣痛促進剤も使ったからなのかもしれないけど、麻酔ありの和痛分娩でも本当に壮絶なものだ。

麻酔、本当に効いていたんだろうか。
効いていたとしたら、麻酔なしで産んだら本当に死ぬんじゃないだろうか。

ちなみに完全な無痛分娩は、母親は痛くないのだが、出産の時間がかかるので子供への負担は大きいというリスクと、母親も出血量が増えてしまうというリスクがあるそうな。
妻は痛そうで大変そうだったが、息子がとても元気そうだったので和痛分娩で良かったと思う。

もう世界に出て来たのだ。
一人の人間として。
我々の所有物ではなく、一人の人間として世界に降りたのだ。

誕生日おめでとう。
世界は良いところだろう。
楽しいことをしていこう。

まあ、そんなこんな。
posted by ちょろり at 22:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: